読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里海ホームの日々

2012年6月1日大分県でファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)開所。

前向き子育て

 

大分子ども療育センターで目にしたチラシ 

f:id:satoumi-home:20161104002111j:plain

f:id:satoumi-home:20161104002121j:plain

「前向き子育てプログラム」

〜ステッピングストーンズ・トリプルP〜

 

講師は前大分県立看護科学大学の先生で、現在子ども療育センターで子育て中のお母さんたちを支援している三ケ田マサミ先生。うちの高校生A子も大変お世話になっていて、三ケ田医師共々「私の人生を変えてくれた」(A子曰く)存在です。

 

楽しくて、やりがいもある里親という生き方。

 

でも子ども達の心の傷が深すぎたり、感覚過敏や認知の仕方が特有だったりと、子どもの様々な特性に、どう接していいのか出口が見えなくなることも度々です。こちらが見る角度や接し方を変えたり、考え方の窓を広げたりすると、「ああ・・・そういうことだったのか」と、より深く子どもを理解できることも。

 

そんなこんなで通い始めた講座 毎週2時間半のプログラム

4回目の受講が終わりました。

まるで魔法にかかったような変化が見えて、子ども達への愛おしさが増しています。